The Night Before Christmas♪


Now,Dasher! Now,Danser! Now, Prancer and Vixon!
On Comet! On Cupid ! On Donner and Blitston!

サンタさんのそりをひく「トナカイたち」に名前がついているのは
テンプテーションズの「THE TEMPTATIONS CHRISTMAS CARD」というアルバムの中の
「RUDOLPH THE RED-NOSED REINDEER」のイントロで出てくるので、
なぁんとなくわかっていたような、いなかったような・・・(笑)。
でもそれが、クレメント・ムーアの詩からはじまったと知ったのは
この「詩」を題材にした絵本を手にしてからのことでした・・・。

神学者であったクレメント・クラーク・ムーアが
1822年のクリスマス・イブ に、自分の子どもたち向けに書いた
「セント・ニコラスがやってきた」という一編の詩。
この詩がもとになって、
サンタ・クロースや、となかいたちの具体的なイメージが
世の中に広がっていったそうです。
ここでは我が家にある
お気に入りの「The Night Before Christmas」を
ご紹介したいと思います。

(同じ「詩」で、いったい何冊持ってるんだ〜って、
つっこまないでね・・・笑。
要するに好きなんです、ハイ。)


■あすはたのしいクリスマス
 トミー・デ・パオラ・絵 クレメント・ムーア・詩 ほるぷ出版  1981
 The Night Before Christmas  by Clement Moore   illustrated by Tomie de Paola Holiday House  1980

 我が家がこの「詩」の絵本に出会ったのは、図書館でふと手にした、トミー・デ・パオラの「あすはたのしいクリスマス」が最初でした。赤とオレンジの四角いタイルのような縁取りの中に、満月をバックにそりにのるサンタさん。その夜のブルーの色合いと白い雪山の絵の表紙に、一目でお気に入りとなりました。そして、中をひらくと、またそれぞれのページに、縁取りがされていて、とっても素敵なんです。それから、ぷっくりとした薔薇色ほっぺのサンタさんのウィンク♪・・・愛嬌があって、思わず「くすっ」となってしまいました。
 娘はこの「詩」の絵本の中では、この本が一番のお気に入りです。しかし、とっても残念なことに日本版は品切れor 絶版。でもどうしても欲しくって、去年の秋に洋書を手に入れました。そうして、洋書を手にしてみると・・・「詩」を原文そのままで味わう楽しさを発見!(たとえば、クレメント・ムアの原文では、サンタクロースは「St.Nicholas」とか「St.Nick.」ってなっているのね〜という具合です。そんなわけで、 洋書おすすめです〜♪)なお、日本版をご覧になりたい方は、図書館で探してみてくださいね。(2001/11/25)


■The Night Before Christmas
 CLEMENT  CLARKE  MOORE    illustrated by  TASHA  TUDOR    SIMON & SCHUSTER  1975
 
 ターシャ・テューダーは、この「詩」を題材にして、1962年、1975年、そして1999年と、3度も「絵本」を描いています。それだけ彼女にとって、とてもお気に入りの「詩」だということなのでしょう。この私の手元にある洋書は、1975年の2回目に描かれた絵のものです。(日本版は偕成社から「クリスマスのまえのばんーサンタクロースがやってきた」1980年初版としてでていましたが、現在は絶版です。ご興味ある方は図書館にてお探しくださいね。)
 赤い縁取りに、ブルーの表紙、そしてあたたかな暖炉の前には、サンタのおじさんと、プレゼントをもらっているコーギ犬、それにねずみのぬいぐるみをプレゼントにいただいた猫ちゃん♪・・・見返しには、プレゼントのおもちゃで遊ぶ愛らしい子どもたちの絵♪・・・そして、中はカラーのページと白黒のページが交互に展開していきます。ターシャらしい、柔らかであたたかな雰囲気が漂う、素敵な1冊です!・・・こちらも洋書でどうぞ♪
(2001/11/27)


■クリスマスのまえのばん
 ターシャ・テューダー・絵 クレメント・ムア・詩 中村妙子・訳 偕成社 2000(改訂新装版)
   The Night Before Christmas  CLEMENT  CLARKE  MOORE    illustrated by  TASHA  TUDOR    1999

 こちらは、1999年にターシャが全面的に書き直した、最新の「クリスマスのまえのばん」です。シックな装丁、そして、夜の色をあらわす藍色のバックに、1枚、1枚、大切に額におさめるようにして、丁寧に絵が描かれています。
 この絵本の中で、「ああ、ターシャらしいなぁ」と感じたのは、暖炉があかあかと暖かそうに燃えている、そのかたわらに、サンタさんへの「差し入れ」を、ちゃあんとご用意していることなんです♪(でも、それを実際にいただいているのは、サンタさんじゃないんですけれどね・・・笑。余談ですが、我が家も去年はクリスマスツリーの横に、ケーキと紅茶をサンタさんのために、ご用意しました♪そして翌朝、娘は目覚めると、まっさきにツリーのもとに確認に行って、「サンタさん、ぺろりと食べちゃった!」と、プレゼントのことも忘れて、とっても嬉しそうだったんですよ、笑。)・・・ターシャはこの本で、「詩」にはない物語を、「絵」のなかで作っていき、お話をひろげているようです。(サンタさんがえんとつから出てくるシーンでも、床下でも、なにやら別の物語が進行していますよ・・・ふふっ♪)そして・・・月明かりに照らされ、舞い降りてくるサンタさんのそりのページは、本当に美しく幻想的な雰囲気たっぷりで、思わず溜息が出ちゃいます。
 シックでとてもおしゃれな1冊・・・大人の方へのプレゼントにも素敵な本です♪
(2001/11/25)



 
■クリスマスイヴのこと
 クレメント・ムーア・詩 アニタ・ローベル・絵 松井るり子・訳 セーラー出版 1993
   The Night Before Christmas  CLEMENT  C.  MOORE    illustrated by  Anita Lovel  1984

 元テキスタイルデザイナーのアニタ・ローベルが描くと、同じ「詩」がまったく違う「詩」であるかのように、都会的でおしゃれなんです。まず最初に本を開くと、月明かりに照らしだされた、雪が積もる都会の町並みがあらわれます。それはまるで、映画のはじまりを見ているよう。(彼女は舞台女優もしているらしいので、映像的な演出が上手いのかなとも思います。)・・・さて、しばらくするとサンタが町にやってきましたよ!・・・アニタ・ローベルの手にかかると、サンタさんのソリも、なんておしゃれなデザインなんでしょう♪・・・そして、えんとつから入ってきたサンタさん、やっぱりどこか洗練された雰囲気を醸し出しています。さて、いよいよサンタさんが帰るとき、銀色のにっこりおつきさまに照らし出され、そりが空高く舞い上がっている姿は、とってもロマンチックで、素敵なクリスマスを迎えられそうです♪
 松井るり子さんの訳詩は、リズムがあって、とても心地よく読めるので、訳詩の中で一番のお気に入りです。
(2001/12/2)