撮影ノート


某月某日    鍾馗さんがあったので三脚を立てていると、ガラリと戸が開いてオバさんが出てきた。
          「すみません、ちょっと写真を撮らせてもらいます」
          オバさん、ビックリして
          「へえ?私をですか?」
          こちらもビックリして言葉が出ず、しばらく二人で見つめ合っていた。 

 




某月某日   道の突き当たりには、必ず鍾馗さんを上げたもんや、と行きずりのオジさんが
       教えてくれた。


某月某日   京都の真ん中で、曲がりくねった抜け露地から出てくると、一瞬方角がわからなく
       なり、仕方がないのでオバさんに道を聞くと、カメラを持っていたせいか、「どこ
       からおいでやしたんどす」とたずねられ、思わず「大阪から」と言ってしまった。



某月某日   間口の広い、立派な構えの家には、何故か鍾馗さんはない。
       鍾馗さんは、やはり庶民のささやかなガードマンなのだ。




某月某日      ファインダーをのぞいていると、オバアさんがとうりかかる。
       「なにしといやすねん?」
       「鍾馗さん撮ってますねん」
       「シヨウキサン?アアこれなあ、こんなんやったら××さんとこにもあるのと
       違うかなあ、コッチ、コッチ」とオバアさん勝手に歩き出すのでついてゆく。
       「オハヨウサン」と××さんの家に入って行ったオバアさん、やがて××さんと
       一緒にでてくる。
       「この人ショウキサンの写真撮ってはるのやて」
       「ご苦労さんどす」と××さん。
       「そや、○○チャンとこにもあったなあ、そこの通り曲がったとこの」
       三人で通りを曲がると、○○チャンが家の前の植木に水をやっていた。
       撮影している間に、オバアさん、××さん、○○チャン、三人で、ココにもある、
       アソコにもあると次の場所の相談で大ハリキリ。
       あかん!こんな事してたら、このあたりのオバアさんが十人でも二十人でもついて
       くるがな!

 


  

ホームへ
京都の鍾馗
鍾馗から一言