洛中洛外の

SHOKI
HOUSEHOLD GUARDIANS IN KYOTO

 

 

鍾馗(しようき)

 唐の開元年間、玄宗皇帝熱病に伏せたまいし時、夢の中に「虚耗」と名乗る小鬼一匹出で来て、楊貴妃の繍香袋と玉笛を盗み去らんとす。

 帝、大声にて人を呼びたまえるに、突如、破帽、藍袍、ひげ面の大男があらわれ、小鬼の目をくじり、躰をやぶりてこれを捨つ。 

 帝、驚きて名を問いたまえば 「臣は終南山の鍾馗なり、我、先帝の砌、武挙の殿試に応じてならず。 恥じて自ら生命を断つに、かたじけなくも帝より、手厚く葬られし御恩を報ぜんがため、かく現れたり」 と答う。   

 帝、夢より覚めたまえば、病即ち癒えたり。 後に、呉道玄なる画家を召して、この鍾馗の姿を描かせたまいしと云々・・・・・・。                     『夢渓筆談』他


 

京都の鍾馗
撮影ノート
鍾馗から一言

 

お願い

この鍾馗達は、1988年から1996年かけて京都市内11区を回って撮影し、百三十種類以上の鍾馗を収録した「洛中洛外の鍾馗」という写真集の中にいます。いや、もう随分無くなっているので、中にのみいます、と言うべきかもしれません。

みなさんの町の大屋根、小屋根の上に鍾馗さんはいませんか?

町で鍾馗さんを見たことがある、と言う方。

家に鍾馗さんがある、と言う方。

鍾馗さんに興味のある方。是非下記のアドレスにメールを下さい。


hatt@ma7.seikyou.ne.jp 
 

尚、上記の写真集「洛中洛外の鍾馗」は、2003年11月に完売いたしました。

ご協力下さいました方々に篤く御礼申し上げます。