仕掛けと道具

 仕掛け 

紀州釣りの仕掛けです。

 ■竿                                                                    

 チヌ専用の外ガイド の竿を好みます。先調子で、魚を掛けると胴に乗り、魚を怒らさず寄せる竿が良いかな。竿の号数は、0.7号から1.2号を揃えて、大型用と大会用・プライベート用に区分けして使用しています。

  ・がまかつ がま磯 チヌスペシャル黒斬 5.0m、T号、F号(Oは、やわらかすぎて僕には無理です)


 ■リール                                                                  
 
 リールは、 特に重さを重視してます。紀州釣りと言えども竿を常に持ちながら釣りをしているので僕にとっては軽量であることが望ましい。レバーブレーキ付きのリールは、使用して分かりましたが便利だし、大型の釣りに適してます。

 ・ダイワ インパルトISO2500、LB。同リール予備あり

 ■ウキ                                                                   

 仕掛けで一番拘るのは、ウキでしょうか。市販品の棒ウキや玉ウキを使用するも僕には、どれもいまいちしっくりこなくて、今は、市販されているウキを自前で改造してい ます。基本的に棒ウキを中心として作成し、玉ウキについても棒ウキのトップを無くした感じで作成してます。潮流に逆らうウキが良平ウキの基礎となってます。波乗りの良いウキを使用するのが苦手で、ノッコミ以外は、あんまり使用しません。ダンゴの割れやサシエの状態を演出するのに潮乗りが良すぎるとイメージ通り攻めれないからかな。ウキの浮力は、5B程度の浮力を中心に攻めてます。寝ウキを使用する人には使いにくいと思います。

 ・良平ウキ(自作ウキ) 棒ウキ、玉ウキ(ともに自立式) 基礎は、メバルウキの感度、浮力(3B)が好みです。

 ■道糸                                                                   

 比重のある道糸を使用するとウキにテンションが掛かり易く、感度の良いウキだとすぐにシモってしまう為、フロートラインを使うようにしてい ます。風が吹くような時期や場所では、サスペンドライン、シンキングラインを使用します。浅場の磯以外は、サスペンドの使用頻度が多いでしょうか。やはり風向きや風速で判断して道糸を選択してます。伊勢湾、熊野灘は、塩分濃度が高く、サスペンドを使用してます。大阪湾は、水潮が多いのでフロートライン。家島諸島は、フロートラインが基本で、場所や大会ではサスペンドを使用します。ラインは、様々なメーカの製品があり、使用できていないので、定着率は低いです。よって、今は、下記のメーカを使用してます。

 ・サスペンドライン サンライン    磯スペシャルテクニシャンHi-Color Type TC-H 2.0号
 ・フロートライン   東亜ストリング  レオイナ66メガフロート 2.5号   

 ■ハリス                                                                  

 ハリスは、張りがあり根ズレに強いフロロカーボンを使用しています。ハワセ釣りをするケースが多く、どうしてもハリスが傷つきやすいからです。1.5号を中心にノッコミ時期は、1.7号。初夏から秋にかけては、1.2号と1.5号を使い分けてい ます。

  ・東レ トヨフロン スーパーL EX フロロカーボン100% 1.2、1.5、1.7号(TORAY)


 ■鈎                                                                     

 チヌバリのヒネリありを使用している。チヌバリ3号を中心にノッコミ時期は、4号。以外は、2号と3号を使い分けている。

 ・がまかつ チヌバリひねりあり2号〜4号 黒色
 

 ウ キ Ryouhei version  

◆良平ウキVer3 Ryouhei-Version3 (2010年頃製作)

  感度、視認性に加え、釣り場の塩分濃度による浮力を調整、改良してます。

  (特長)
     ・視認距離 40m程度まで
     ・波乗りを悪くすることで、自身の思う仕掛けの状態を作り上げます。
      仕掛けの状態とは、ウキとサシエの張りやダンゴからサシエを抜くタイミング、サシエの状態
     ・メバル用のウキを改良して作成してます。浮力は、5Bを中心として最大1号負荷、最小B負荷。
     ・玉ウキは、波が高いときや風が強いときに使用します。
      波対策でサスペンド(浮力ゼロ)するウキもあります。

◆良平ウキVer1 Ryouhei-Version1 (2000年頃製作)

  遠投を重ね辿り着いたウキです。視認性を追求し、視認距離は50m迄で、朝夕マズメも見極めが効くパールトップで仕上げました。本体は、市販されている羽根ウキを使用しています。

  (特長)
       ・視認距離 50m程度まで
       ・自立式で、錘負荷は着脱式で調整可能。錘負荷は、おおよそ3B。着脱後は、4B。
       ・ウキ中央の発泡材が波乗りを良くし、微妙な浮力をこの部分がカバーしてくれます。
        微妙な浮力とは、ウキに道糸のテンションがかかってもすぐにシモらない。

◆良平ウキVer2 Ryouhei-Version2 (2005年9月製作)

  最近、団子の投入ポイントが近くなり、良平ウキVer1では、限界を感じ、永易ウキを参考にウキ本体をへらウキにしてオリジナルバージョンを作りました。基礎構造は、良平ウキVer1と同じですが、感度を追及してます。永易ウキは、私にはまだ使い辛く、もう少し時間が必要だと思ってます。たぶん永易さんもこの過程を踏んで今の形状に行き着いたのではないでしょうか。

  (特長:永易ウキとの比較)
    ・視認距離は、良平ウキが見やすい。
    ・自立式で、錘負荷は着脱式で調整可能。浮力は、永易ウキSSとほぼ同等。
    ・浮上度合い(ウキが潜行して浮上)は、永易ウキより早く浮きます。
    永易ウキの方が浮上が遅い理由は、発泡材がそろばん形状の為です。浮上を遅くする理由は、団子が割れ
    サシエを極力その場所に止めたい為でしょうか?本
    ・アタリ負荷(チヌが引く負荷)は、永易ウキよりも低い。ここが私のこだわりでしょうか。

 道 具

使用道具